トップ 防犯ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




防犯ナビ空巣とは? > 空巣が嫌う家

空巣が嫌う家

空巣が嫌う家の画像

空巣は、人に見られたりすることを嫌います。犯行の時間が長くなればなるほど、人に見られる可能性が多くなりますので、なるべく、侵入から、盗む行為、逃げる行為を短時間で済ませるようにします。侵入に5分以上かかる家は、空巣は好みません。侵入に時間がかかる家、人通りが多く、人に怪しまれる家などは、空巣は嫌う傾向にあります。

逆に、人通りが多いところや、コンビニが近い場所などは、不特定多数の人が通るため、空巣がいても怪しまれないことがありますので、注意が必要です。

侵入に時間がかかる家とは、どんな家でしょう。まず、玄関の鍵、窓の鍵などが開けにくい家でしょう。最近の家の玄関の鍵は、ピッキングしにくい鍵になっており、また、鍵も数も、最低2つはついています。油断しがちなのは、窓の鍵です。窓は、通常、鍵が一つしかありませんので、鍵が2つついていたり、センサーがついている家は、嫌うでしょう。

防犯カメラ、防犯センサー、防犯ベルなどがある場合、音が鳴ったり、光がついたりしますので、人に見つかりやすくなり、空巣は嫌います。警察では、このような音や光が、空巣に対しての対策一番効果的だといっています。セキュリティシステムを導入している家、防犯センサーなどで電気や音がなる家などは、空巣は避けるでしょう。

また、番犬などを飼っている家は、犬にほえられたりしますので、空巣は嫌う傾向がありますが、もし、手なずけられたり、食べ物を与えて、番犬の役割をしないこともありますので、番犬ばかりに頼ってはいけません。

スポンサードリンク
防犯ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。