トップ 防犯ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




防犯ナビ防犯グッズ > 防犯カメラ

防犯カメラ

防犯カメラの画像

防犯カメラには、本物のカメラと、ダミーカメラがあります。

本物のカメラを設置する場合、カメラ本体と、録画するためのデッキが必要になります。モニターが必要なものもありますが、カメラによっては、自宅のテレビで見ることも可能なものもありますので、確認するといいでしょう。カメラは、どこに設置するかによって、機種が異なります。雨に濡れるところに設置するのでしたら、防雨対策のあるカメラが必要になるでしょう。カメラは、雨に濡れても大丈夫なものなのかどうか確認する必要があります。

また、カメラの性能によって映り方がかなり異なりますので、実際にどのように映るか確認してから設置しましょう。できれば、カラー撮影ができるもの、暗い夜でもキチンと撮影できるようなものを購入するといいでしょう。

防犯カメラは、設置するカメラの台数によって金額がかなり異なりますが、10万円以上はかかります。さらに、設置するための工賃もかかります。金銭面的には少しかかりますが、その分、未然に犯罪を防ぐことができますし、また、空巣に入られてもカメラに映っていれば、犯人逮捕につながります。

ダミーのカメラは、実際に録画することはできません。しかし、カメラが設置されていることを空巣に知らせることができますので、空巣に狙われにくくなるという利点があります。現在のダミーのカメラは、本物そっくりに作られており、ライトがついたり、コードが付いたりしているものもあります。金額は、1000円台から、高いもので1万円するものもあります。電池ですので、配線の必要はなく、簡単に設置することができます。

スポンサードリンク
防犯ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。